close
見学予約 資料請求 アクセス 施設紹介

staff blog

春の大敵!花粉症対策をして快適な結婚式に 

その他-

2019年03月15日

春は天気が安定しているため、結婚式をするのに人気の季節です♪

暖かいのは嬉しいですが、花粉が大敵ですよね。

目が充血したり鼻水が出てしまうとつらいものです。

新郎新婦、ゲストそれぞれの対策方法をご紹介します。

まずは病院へ

花粉症に悩まされているひとは病院で薬をもらうことが最優先です。

症状をおさえることが大切になってきますよ。

しっかりと症状をみてもらったうえで対策を練りましょう。

 

当日には万全の花粉症対策を

新郎新婦はもちろん、ゲストマスクを着用することはマナー上NGです。

でも花粉症はマスクが手放せませんよね。

そのため、ゲストにも花粉症対策グッズを利用してもらいましょう♪

 

対策グッズを用意

ウェルカムスペースやお化粧室には以下の花粉症対策グッズを置きましょう。

コロコロ(粘着テープ)

ウェットティッシュ

なめらかな肌触りのティッシュ

 

新郎新婦用はメイクルームや高砂に準備しておきましょう。

また、会場内に空気清浄機を置けないか確認してみてくださいね。

 

【合わせて読みたい記事】

縁起がいい!雨の日の結婚式♪

結婚式のむすび新郎謝辞ってどんなことを言うの?

新郎新婦ができる対策

主役の新郎新婦は準備段階から体調管理をしてくださいね。

耳鼻科受診のほかにも病院でできる治療があります。

それは鼻の粘膜を焼くレーザー治療です。

これをすると症状を抑えることができるようになります。

効果は1年ほど続き、約1万円ほどで治療可能です。

しかし副作用などもあるので結婚式の直前ではなく早めに済ませておきましょう。

 

ゲストができる対策

ゲストも処方箋や市販薬で症状を抑えましょう

対策をしないと鼻水をすすったりと約3時間つらい思いをしてしまいます。

他に対策をするなら、着ていくコートやドレスにも気を配りましょう。

表面が凸凹のものは花粉が付着しやすくなります

対してポリエステルなどツルツルな素材は花粉をつきにくくしますよ。

また、衣服に静電気防止スプレーを吹きかけると花粉の付着量が少なくなります。

ぜひ活用してみてくださいね。

まとめ

春の結婚式は暖かく穏やかですが、花粉が大敵です。

日頃から花粉症が気になっている場合はこの機会に病院に行きましょう。

今回は新郎新婦、ゲストがそれぞれ気をつけるべきことについてご紹介しました。

対策をして快適に結婚式を過ごしましょう♪